日本製・下駄(げた)

下駄(げた)は、日本独自の履物で、昭和30年代の頃は殆どの家庭で日常的な普段履きとして使用されていました。

その後日本全国の道路が舗装されると同時に靴が普及し、下駄を履く習慣も薄れて行きました。しかし、最近になって下駄の健康効果がクローズアップされ、若い世代の間でも愛好者が増えて来ました。

日本製・下駄(げた)の魅力

下駄の魅力は、履いて歩くときにカラコロと音をたてるところに、何とも言えない風情があることです。
素足で履くことができるため、開放感があること、足のツボを刺激するため健康効果があることも大きな魅力です。

下駄は、和服や浴衣を着たときにのみ利用されて来ましたが、現在はサンダルと同じように普段履きとして再び利用されるようになって来ました。
昨今では海外でも人気があり、海外製のものも増えています。

鼻緒を指で挟むため、足が痛くなったり歩きにくいという欠点もありましたが、現在の日本製の下駄はさまざまな改良が加えられ、履きやすいものが作られています。

日本製の下駄の産地として、広島県、大分県、福島県、長野県、新潟県などが知られていますが、特に東北地方で作られる下駄は、素材となる桐材が高品質であるため、全国的にも評価が高くなっています。

和装ファッションを楽しむ

下駄のほか、地下足袋や草履、作務衣、浴衣、甚平、もんぺ、その他の和装ファッションを楽しみたい方は、こちらのサイトをのぞいてみてください。


日本製・下駄の通販情報

日本製(Made in Japan)の下駄は、アマゾンや楽天市場から購入することができます。

●日本製・下駄をアマゾンで見る

●日本製・下駄(げた)一覧(楽天市場)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【その他の靴・シューズ・サンダル】
スニーカービジネスシューズサンダル