日本製・国産のおすすめ品をご紹介しています

浴衣

日本製・浴衣

浴衣の起源は、平安時代に沐浴中に着用していた湯帷子(ゆかたびら)が原型と言われ、もともと日本で誕生したものですが、最近は外国で大量生産されたものが一般に流通しています。日本製の本物の浴衣を探している方には、伝統の技を駆使した「有松絞りの浴衣」や「竺仙(ちくせん)の浴衣」がおすすめです。

有松絞りの浴衣

有松絞りは、江戸時代の初めに、竹田庄九朗が絞り染めをした手ぬぐいを街道沿いで土産として売るようになったのが最初と言われています。愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産されているため、有松・鳴海絞り(ありまつ・なるみしぼり)と呼ばれています。
空極の浴衣とも言われる有松絞りの浴衣は、布を糸で括って染料につけ、絞った部分が白く浮き出て模様になるという技法を用いていますが、絞り方により精緻で複雑な模様ができあがります。殆どの工程が手作業で行われ、多種多様な絞りの技術が評価され、日本の伝統工芸品にも指定されています。
一枚の浴衣ができあがるまでには、気の遠くなるような手間がかかっていますが、それだけに一生の宝物との成り得るのが有松絞りの浴衣と言えます。

※この商品は楽天市場で取り扱っています。画像をクリックされますと、ショップのサイトに移動し、詳細を見る事ができます。

竺仙(ちくせん)の浴衣

竺仙(ちくせん)は、天保13年(1842年)に浅草に創業した老舗ブランドです。初代・仙之助が無地や絞りが主流だった当時の浴衣に初めて柄を染めたことから注目を集め、庶民のファッションとして、また江戸みやげとして急速に広まりました。
竺仙の浴衣は、創業以来現在に至るまで江戸の「粋」にこだわり、伝統を踏まえながらもその時代にマッチした新鮮な柄を取り入れたデザインが大きな魅力となっています。
染色方法は、江戸明治から伝わる手彫の型紙を使用し、一反ごとに手染めをする「型染め」という方法が現在も続けられています。
毎年、年間テーマに基づいて1千柄の新作を発表すると言われる竺仙の浴衣のファンは、今も増え続けています。

日本製・浴衣の通販情報

有松絞りの浴衣や、竺仙(ちくせん)の浴衣は、ヤフーショッピング及び楽天市場から購入することができます。
※浴衣のお仕立てをご希望の場合は、ご注文の前に各ショップのサイトにて、お仕立て代及びお仕立て期間などをご確認ください。

●有松絞りの浴衣(ヤフーショッピング)

●有松絞りの浴衣 (楽天市場)


●竺仙の浴衣(ヤフーショッピング)

●竺仙(ちくせん)の浴衣(楽天市場)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【その他のレディースファッション】
ジーンズ(女性用)ストール


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional